Instagram運用

Instagram運用について

Instagram運用

Instagramは単なるSNSではなく、いまや集客に欠かせないプラットフォームであるということは、言わずもがなですね。

Google検索する前に、Instagramのハッシュタグ検索で行きたい店などを検索する時代です。


1.SNSによってクオリティマーケティングへ

SNSが生まれて、情報の拡散スピードが一気に早まりました。

例えば、美容院では〇〇ペッパーなどを見て、お店を見つけたり、口コミで広がったりが主流でした。

しかし、今はSNSで一気に大量の人へ拡散できる時代です。媒体掲載は広告費を多く積まないといい面に出ないというオークションマーケティングでしたが、SNSでは良いコンテンツであれば拡散されるクオリティマーケティングです。

大手のような資金力がなくても、戦える時代ですので、SNSを活用しないという選択肢はないですよね?

SNSは若者だけでは?と思うかもしれませんが、今では50代以上のユーザーも増えていて、もはや全世代に効果的なものとなっています。


2.Instagramの重要性

その中でもInstagramは特に、アクティブ率も高く重要なSNSです。

でも、Instagramま今流行っているだけでは?と思うかもしれませんが、Instagramは下記の理由からなくならないです。

①Facebookのパワー
Instagramは常に機能を刷新し続けて、別のアプリが対抗しようとしても、対抗できないです。その証拠に過去スナップチャットを買収しようとしたが、交渉決裂しました。すると、その後すぐにInstagramにスナップチャットと同様の機能を追加してしまいました。ユーザーも色んなアプリを使うより、Instagramでできれば他のアプリに移行することはありません。

②SNSの域を超えている
冒頭でも言いましたが、Instagramは情報の検索ツールとして使われています。またネットの情報は信じられないという時代ですが、Instagramでは一般人のリアルな生声が検索できるので、情報の信頼度も高いです。
さらに、今は予約機能やショッピング機能なども拡充され、Instagram内で完結できるようになり、単なる画像共有SNSの域を超え、ビジネスに活用できるプラットフォームとなっています。

Instagramはもはや、ライフスタイルアプリなのです。


3.リピーターが重要

ここまでInstagramが重要とお伝えし、集客のために活用しましょうと言いたいのですが、皆さんがよく勘違いするのが、Instagramを活用して、新規を獲得しよう!となりがちです。

もちろん、新規も大事ですが、それ以上にリピーターの獲得がお店をやる上では重要です。

美容院では約8割の人がなんとなくお店を変えているというデータもあります。

このなんとなくお店を変える人を繋ぎ止めるために、有効なのがInstagramなのです。

新規獲得のためには、リピーター獲得がの5倍の予算が掛かると言われています。いかにリピーターを獲得できるかが、かがと言えますね!


4.リピーター獲得のためのInstagram運用

InstagramはフォローされたらOKではありません。Instagramでフォロワーを増やすことを目的にする人がいますがそれは無意味です。フォロワー数ではなく、エンゲージメントが重要です。

Instagramでは普通のアカウントではストーリーズの閲覧率は10〜20%です。1000人フォロワーがいても100人程度しか見られないのです。

なぜか?

Instagramのアルゴリズム上、関係性が濃いアカウントの投稿が優先されて表示されます。そのため、フォローした後にやりとりをしていないアカウントはタイムラインにほとんど表示されないのです。

ということは、フォロワーとやりとりをして関係性を高めるのが必要なのです。

そのために、タグ付け、DM、コメント、いいねなどで継続的にやりとりを行いましょう!

例えば美容院であれば
①初回来店時にInstagramのアカウントを教えてもらい、メンション付けて写真を投稿させてもらう
②メンションつければ相手にもDMが届く。
③定期的に、お客様のアカウントの投稿にいいねやコメント※営業コメントはNG

こうやって継続していくと、あなたの投稿がお客様のタイムラインで、優先的に表示される可能性が上がります。


5.効果的な投稿内容について

では、お客様と繋がりを強化した上でどんな登校をすればよいか?

それは下記のことを意識してください。

①ポジティブ、幸福感
②知識
③努力

こういう要素で人間味を出した投稿をしてください。よく美容院では、お客様のヘアースタイルな画像だけ並べているアカウントがありますが、それではただのカタログになってしまいます。

それでは興味を持たれません。お客様はスタイリストの人間性や知識の豊富さなどに惹かれるのです。

そのため、お店のアカウントよりも、スタイリストのアカウントで投稿する方が効果的です!