法人スマホ

大手キャリア

ガラケーからスマホへ

Osaka

Delivery
Entry

Site

Image by Annie Spratt

人気の機種プレゼント!

こんな課題がありませんか?

  • 会社のガラケーをスマホにしたい
  • 乗り換え費用を抑えたい
  • アップルのスマホがいい
  • ​話放題は必須!

このようなお悩みを解決しませんか?

特徴01

大手3社を申請可

弊社では株式会社Wiz様と連携し、大手3社のデリバリー・出前代行サービスへの申請が可能です。

特徴02

​ネット・端末環境

ネット環境がない、またはタブレットなどの端末がない場合も、一括してお手続きいやだけますので、安心して下さい。

特徴03

面倒を丁寧に

申請には様々と面倒なことや、よくわからないこともありますよね?でもサポーターとして弊社や株式会社Wiz様がいるので安心です。

提携する理由

ご都合に合わせたお届け方法

店舗ごとのニーズに合わせてカスタマイズできるように、柔軟なオプションを用意しています。自店舗の配達スタッフまたはデリバリー代行サービスの配達パートナーによる配達を始めましょう。

注目度を高める

アプリ内マーケティングで注目を集め、より多くのお客様にアプローチして売り上げを伸ばしましょう。

お客様とつながる

実践的なデータ分析、レビューへの返信、ロイヤルティ プログラムの提供で、常連のお客様を獲得しましょう。

飲食店パートナーにとってのご利用方法

① お客様が注文

お客様がアプリでレストランのページを閲覧し、注文を確定します。

② デリバリーする料理を準備

注文を受け付けて調理を開始します。

③ 配達担当者が到着

配達担当者があなたのお店で注文品をピックアップし、指定された場所に配達します。

Image by Brett Jordan

大阪市内の飲食店が

デリバリー代行サービスを利用するメリット

設備投資をする必要がない

デリバリー・出前の代行サービスを利用することで、配達関連の設備にかかる費用を抑えることができます。飲食店で新たにデリバリーサービスとして出店する場合、配達で利用するバイク・自転車、さらに配達専用の従業員を雇わなければなりません。また、電話以外で注文を受け取る場合、飲食店側で注文システムを構築する必要があるため、初期費用に多額のお金がかかります。

デリバリー代行サービスでは、注文・配達を一括して外部に委託できます。客側から注文通知を受け取るためにタブレット端末やインターネット環境を整備する必要がありますが、それ以外の設備投資は必要ありません。

 

初期費用をなるべくかけずに、デリバリーサービスを始めたい飲食店にとって効果的な方法です。

② 従業員の事故リスクを軽減

デリバリー代行サービスを利用することで、料理を配達する際に発生する事故のリスクを軽減できます。自前で配達をする場合、バイクや自転車を使って客先まで料理を届けなればなりません。配達中に交通事故やトラブルに巻き込まれてしまうことで、料理を客先に届けられないだけでなく、従業員の治療やバイクの修理などの費用が発生します。

デリバリー代行サービスでは、配達業務を外注することで、従業員が交通トラブルに巻き込まれるリスクを抑えられます。元々、配達専用の従業員を用意していない場合や、出店したばかりで従業員に配達スキルを付けさせる余裕がない飲食店にとってメリットです。

③ オペレーションの簡素化

注文・配達におけるオペレーションの簡素化にも効果的です。注文と配達を一括して自前で行う際には、客側から注文を受け取るための業務や、完成した料理を客先まで配達する業務をオペレーションに追加しなければなりません。

従業員自体の人数が少ないと、追加のオペレーションに割り当てる人員も限られしまうことから、飲食店側にとって悪影響となる可能性があります。デリバリー代行サービスを導入することで、注文の受け取りや配達要員を新たに採用する手間も省けます。

Image by Annie Spratt

代表メッセージ

会社から貸与されちる携帯電話

​法人契約OKのスマホに!

会社携帯電話、法人の携帯電話は​今もガラケーですか? 実はスマホの方がいいとスタッフの方から言われていませんか?

​弊社でご紹介する大手キャリアのスマホは、

Image by Austin Distel

まずは無料でご相談ください

デリバリー代行サービス8選

① Uber Eats

Uber Eatsは世界的にも知名度の高いデリバリー代行サービスで、登録者数や出店している飲食店数も伸びています。東京、大阪だけでなく、地方都市でも配達エリアが拡大しており、これからデリバリーサービスを始めたいという飲食店にも最適です。

②出前館

出前館では、20,000店舗以上が加盟しており、幅広いジャンルの料理を提供しています。店舗毎の配達予想時間が記載されているため、客側にとって利用しやすいのが特徴です。

2020年12月末まで、20,000円の初期費用が無料になるサービスを利用できます。

③dデリバリー
通信会社大手のdocomoが展開しているデリバリー代行サービスです。dポイントでの決済に対応しているほか、定期的にキャンペーンを実施しており、新規ユーザーを獲得しています。

④LINEデリマ(株式会社出前館への出店申込が必要)
LINEデリマでは、LINEから直接注文できるため、客側にとって利便性に優れています。また、日本全国での配達エリアに対応していることから、地方としてデリバリーサービスを始めたい飲食店でも利用できます。

⑤ごちクル
ごちクルは、UberEatsや出前館といった大手デリバリー代行サービスと異なり、東京、大阪、名古屋など都市圏のみで展開しています。ミシュランにも掲載された飲食店が加盟しているため、高価格のメニューも提供しやすいのが特徴です。

⑥fineDine
宅配寿司で有名な「銀のさら」を運営している企業が手がけています。自社で配達専用スタッフを擁しており、客側にとっても、飲食店側にとっても安心感を得られるのがポイントです。また、女性会員の割合が多く、ヘルシーメニューや高級志向のメニューも人気があります。

⑦menu
menuでは、24時間の注文に対応しているため、店舗の営業時間に関係なく料理を提供できます。また、一部地域のみでしか配達エリアが展開されていないことから、これから出店を検討している飲食店でも新規参入しやすい環境です。

⑧anyCarry
anyCarryは、東京都渋谷区を中心にサービスを展開しています。15分以内での配達完了を目指していることから、オフィス周辺の飲食店でないと参入しにくいのが難点。とはいえ、エリア拡大を予定しており、新規参入のハードルも低めです。

ホーム > サービス > 格安ホームページ作成

NETFENIX_logo1710American-Scribe.png
会議中

Web集客のこと

まずはご相談ください

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン

【パートナー】
株式会社Wiz

株式会社Lim
株式会社ヒューマネクス
株式会社USEN

PayPay株式会社

Wix.com Japan株式会社
一般社団法人日本自由化事業協会

京都信用金庫
大東商工会議所会員