Image by Gradienta

ECサイトを持つメリット

ECサイト

インターネット上の広告

インターネットとスマホの普及で、消費者の購買行動は多様化しています。時間や場所を問わず手軽に商品を購入できる「ECサイト」または「ネット通販」の構築を検討している企業も多いでしょう。近年では口コミやSNSでの評判が商品の売れ行きを左右するため、企業価値を高めていくためにもECサイトの導入は必要不可欠です。 実店舗を構えることなく世界中のユーザーを相手に商品を販売できるため、コストの削減と売り上げの向上も見込めます。

ECサイトとは

企業の成長を支援

売上を作るECサイト制作

実店舗が必要ない

Advertising on the web

オンライン上ですべての取引を完結できるため、実店舗を構えずに済みます。そのため、家賃や光熱費といった固定費がかかりません。また、店員を雇う必要がないため、人件費を軽減できるのも大きなメリットです。

全国どこからでも購入

Advertising on the web

前述の通り実店舗を持たないので、場所の制限がありません。 遠方のユーザーであっても、パソコンやスマートフォンさえあれば買い物することができます。 限られた地域のお客さんだけではなく、全国のユーザーを相手に商売ができるのは大きな利点です。

24時間365日販売できる

Advertising on the web

ECサイトは時間の制約もありません。 注文は自動でシステムが受け付けてくれるため、いつでも営業することができます。 実際に、働いている時間の関係などで昼間に買い物に行けないという人たちにECサイトは重宝されています。 実店舗だと獲得できない層を取り込めるのは大きなメリットです。

徹底した情報設計。

小売り店舗がEC化する流れがあり、国内のEC化率は毎年のように伸び続けています。経済産業省は、2019年のBtoCにおけるEC市場の規模は19兆3,609億円で、EC化率は6.76%であるとの調査結果を公表しました。前年に比べると、7.65%の伸び率となっています。新型コロナウイルス感染症の拡大や外出自粛などにより、さらにオンライン需要が高まる傾向にあります。 世界のEC化率は14.1%で、国内のEC化率と比較すると2倍の差です。国別のBtoCのEC市場規模では、1位の中国が19,348億USドル、2位のアメリカは5,869億USドルで、日本はイギリスに次ぐ4位で1,154億USドルです。中国やアメリカと比較しても、日本のEC化が遅れていることがわかります。

経済産業省が毎年調査している「電子商取引に関する市場調査」の2018年版によると、日本国内の電子商取引の市場規模は以下の通りです。

  • BtoB取引は344.2兆円(前年比8.1%増)

  • BtoC取引は18.0兆円(前年比8.96%増)

    また、CtoC取引のうちフリマアプリの予想市場規模は6,392億円(前年比32.2%増)と急成長を遂げています。

いずれの取引も順調に推移していることが分かる数字です。
また、中国(個人)が日本のECサイトから購入している金額は1兆5,345億円(前年比18.2%増)。

米国(組織)が日本のECサイトから購入している金額は1兆7,278億円(前年比18.5%増)と越境ECも大きく伸びています。

これらを合わせると、すでに日本のBtoC取引・CtoC取引は合わせて20兆円を超えていると考えられます。

企業の成長を支援

ECサイトの構成

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

よりご連絡ください

担当者よりご連絡

1〜2営業日内に

ご連絡いたします

ヒアリング

案件について

ヒアリングいたします

ご提案

お客様の課題の解決策を

ご提案いたします

制作開始

制作を開始します

全体の流れ

お問い合わせからご提案までに1、2週間、制作開始までに1ヶ月ほどお時間をいただいております。

CONTACT

ご質問・ご相談はこちら