ホームWebお役立ち情報 > 小規模事業者持続化補助金

ホームページ制作(作成)に使える

小規模事業者持続化補助金

【2020年度版】ホームページ制作(作成)に使える"小規模事業者持続化補助金"に【コロナ特別対応型】が追加されました
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、国が申請の要件を緩和した特別版の補助金をはじめました。
例えば、通信販売といった新たな取り組みを始めるにあたり、ホームページが必要という方が対象となります。
 
【コロナ特別対応型】は、従来の補助金にはなかった活用メリットがあります。
AMSではこの特別対応型について国から出ている情報を集め、このページではホームページ制作の活用の場合に絞って、ポイントをまとめてみました。(2020年4月30日現在)

小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金は、中小企業庁が展開する、全国の小規模事業者の事業の促進を目的とした、商工会議所のサポートを受けた事業計画に基づいて補助金を支給する制度です。


具体的な補助率は下記の通りです。

  • 補助率対象経費の2/3

  • 補助上限金額50万円

例えば総額150万円の年間経費であれば上限額の100万円が支給されます。

申請期限は、2020年6月5日(第2回)、2020年10月2日(第3回)、2021年2月5日(第4回)

2020年は採択率(補助金申請が通過する確率)がかなり高くなると考えられます。ただし金額によっては相見積もりを必要とするものもありますので、必要以上に金額を上乗せしないよう十分ご注意ください。

対象経費は?

オフィス用家具といった、いわゆる什器(じゅうき)の購入なども対象ですが、ホームページの制作費用はもちろん、サイトのリニューアルや、スマホ対応。常時SSL化・独自ドメイン・サーバ費用などの利用料やサポート費用なども含まれます。


また、コンサルティング費用も対象経費に含まれますので、ホームページの運用に不安な方は安価でWEBコンサルティングを受けることも可能です。

 

こうしたものまで対象に含まれている補助金は希少なので、ぜひとも活用したいですね。

対象事業者は?

小規模事業者持続化補助金公式サイトによると、

 

商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」及び、一定の要件を満たした特定非営利活動法人、受付締切日の前10か月以内に、先行する受付締切回で採択・交付決定を受けて、補助事業を実施した(している)者でないこと(共同申請の参画事業者の場合も含みます)。

 

ということです。

つまり、小規模事業者であることと、同じ年度の同じ補助金は2回対象にはならない、ということですね。

では、小規模事業者の定義とは?ということで、下記が小規模事業者の定義とのことです。

 

  • 商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く):常時雇用の従業員数が5名以下

  • 宿泊業・娯楽業:常時雇用の従業員数が20名以下

  • 製造業その他:常時雇用の従業員数が20名以下

 

ここですぐに諦めてほしくない点として、自身の事業が広い意味で「サービス業」だと思いこまないようにするということです。

この定義でいう「商業・サービス業」とは、他者が作ったものを何の手も加えずそのまま販売したり、在庫性のない職人の技術の提供などを指しているので、例えば、弊社のようなホームページ・ウェブ制作会社やソフトウェア開発・販売会社も「製造業その他」に分類されますし、飲食店や自ら生産・収穫・採取した農水産物を販売されている事業も「製造業その他」に分類されます。

自信の事業が小規模事業者に該当するか否かは、自身で判断せず、お近くの商工会議所に問い合わせて確認することが間違いないでしょう。

また、<コロナ特別対応型>については、下記も対象者の条件に加わります。

 

  1. 「サプライチェーンの毀損への対応」「非対面型ビジネスモデルへの転換」「テレワーク環境の整備」のいずれか一つ以上の投資に取り組むこと

  2. 新型コロナウィルス感染症の影響を乗り越え、持続的な経営に向けた経営計画を策定していること

 

<一般型><コロナ特別対応型>のどちらにもだぶって申請することは可能なようですが、採択された際はどちらか一方を選ぶ必要があるようです。

スケジュール

<一般型>

申請受付開始:2020年3月13日(金)

  • 第1回受付締切:2020年3月31日(火)

  • 第2回受付締切:2020年6月5日(金)

  • 第3回受付締切:2020年10月2日(金)

  • 第4回受付締切:2021年2月5日(金)

 

  • 第1回受付分採択結果公表:2020年5月下旬頃

  • 第2回受付分採択結果公表:2020年8月頃

  • 第3回受付分採択結果公表:2020年12月頃

  • 第4回受付分採択結果公表:2021年4月頃

 

  • 第1回受付分実施期間:交付決定通知受領後~2021年1月31日(日)

  • 第2回受付分実施期間:交付決定通知受領後~2021年3月31日(水)

  • 第3回受付分実施期間:交付決定通知受領後~2021年7月31日(土)

  • 第4回受付分実施期間:交付決定通知受領後~2021年11月30日(火)

 

<コロナ特別対応型>

申請受付開始:2020年5月1日(金)

  • 第1回受付締切:2020年5月12日(金)

  • 第2回受付締切:2020年6月5日(金)

※第2回受付締切以降も複数回の締切を設ける予定がり、決定次第公表されるとのこと。

 

  • 第1回受付分採択結果公表:2020年5月下旬頃

  • 第2回受付分採択結果公表:2020年8月頃

 

  • 第1回受付分実施期間:2020年2月18日(遡及)~2021年1月31日(日)

  • 第2回受付分実施期間:2020年2月18日(遡及)~2021年3月31日(水)

 

一般型について、例年との違いは、締切が複数回設けられたことです。これまでは5月の締切一回のみでしたので申請しづらかった方も、かなり申請しやすくなっています。実施期間も7~8ヶ月ほどあり充分な期間がありますね。

また、コロナ特別対応型では、実施期間を2月18日までさかのぼって申請することが可能、つまり、申請するタイミングや採択が公表されるまでの間、すでに契約を行っていたり、取組を行っていたり、経費を支払っていても、補助の対象となる、ということです。

これは、新型コロナウィルス感染症の影響を受け、苦しい小規模事業者の方々にとってはとても助かる仕組みですね!

申請から事業完了までの流れ

とても簡単にまとめると、下記になります。

 

  1. 経営計画書・補助事業計画書の作成

  2. お近くの商工会議所への確認と事業支援計画書等の作成・交付依頼

  3. 申請書類一式をまとめ、日本商工会議所補助金事務局へ郵送

  4. 日本商工会議所による審査、採択・不採択の決定

  5. 事業実施

  6. 実績報告等の提出

  7. 日本商工会議所による報告書等の確認

  8. 補助金の請求・受領

 

経営系悪書や補助事業計画書をはじめ、必要な様式はすべて公式サイトよりダウンロードが可能です。また、本年度より、郵送による紙での申請に加えて、ウェブでの電子申請も可能になっています。

 

<コロナ特別対応型>については、対象月の売上が前年度より20%減少している事業者に限り、採択後、事業完了の前に概算で補助金を受領できる仕組みも用意されています。

申請期間と申請方法

2021年2月まで計4回の公募受付が決まっています。

 

第1回:2020年3月31日(火)

第2回:2020年6月5日(金)

第3回:2020年10月2日(金) 

第4回:2021年2月5日(金)

 

※ 採択されなかった場合、再度公募申請ができます。

 

申請にはホームページ制作の見積書などの各種書類と共に、補助金を使用して行う事業の内容や将来性などを記載した“事業計画書”と“経営計画書”を商工会議所もしくは商工会に提出する必要があります。

これは言わば商工会議所・商工会に向けた、事業の“プレゼン資料”のようなものです。


自分で作ることもできますが、商工会や商工会議所の相談員の助言を受けることも可能です。
また、採択率を上げるために補助金申請に長けた行政書士に依頼することもひとつの手段となるでしょう。

計画書の作成や提出後のチェックなど、申請にはおおよそ一か月程度は必要となるので、小規模事業者持続化補助金を活用したホームページ制作をご検討の方は早め早めの行動をオススメします。

 

ホームページ制作で小規模持続化補助金を利用される場合は、申請時に必ずホームページの見積もりが必要となります。

 

まずは下記お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

制作費0円!
最安値の5,500円~

最短7営業日のスピード公開

クオリティの高いホームページ

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン

OSAKA OFFICE
〒574-0041 大阪府大東市浜町5-20-3F

KOBE 連絡OFFICE
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-10
神戸サンビル 1F

格安ホームページ作成・運営事業。それは小さな会社・事務所・中小企業・個人事業主にとって、強い味方となるホームページの作成・運営サポートを大東市在住のネットフェニックスが代行して行います。まずはお気軽にご相談下さい。

 

大阪府大東市を中心に大阪市内 大阪府北部//箕面池田茨木高槻・枚方・豊中・吹田・摂津・寝屋川・交野・守口・門真・四條畷 大阪府中部//大東・東大阪・八尾・藤井寺・柏原 大阪府南部//堺・高石 大阪府東部//松原・富田林・河内長野・羽曳野・大阪狭山

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府|大阪府|兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

NETFENIX_logo.png

ネットフェニックス合同会社 | 大阪の格安ホームページ制作