ホームWebお役立ち情報 >  個人事業主にホームページが必要な理由

個人事業主にホームページが必要な理由

個人事業主はホームページを持つことで、更に販路を拡大することが可能です。顕在顧客だけでなく、潜在層にもアプローチできるのが、ホームページを使った集客のメリットではないでしょうか。

このコロナウイルスの到来により、世界各地で多くの人が影響を受けています。そして自粛生活の中で、多くの方の役に立ったのがインターネット、GoogleやYahoo!などの検索エンジン、TwitterやFacebookなどのSNSです。

 

それゆえに、ホームページを持つ重要度は、今後さらに増していくでしょう。

 

ネットフェニックス合同会社では、「個人事業主がホームページを持つ理由」について、具体的に解説していきます。

ホームページ作成の基本前提

新規顧客の獲得をすることができる

個人事業主や小規模事業者の多くがあげている課題として、「新規顧客の獲得」があります。

個人事業主は営業面で苦労している方が多いですが、ホームページを持つことにより、これらの悩みの解消が期待できます。

 

「平成27年度 小規模事業者等の事業活動に関する調査に係る委託事業 報告書」によると、小規模事業者の宣伝や営業方法に関するアンケート結果は以下のようになりました。

宣伝面におけるITの活用状況で、一番多いのが「ホームページ」で、これを見ると、「ホームページ」を活用している者が41.4%、「ブログ、SNS(フェイスブック、ツイッターなど)」が25.6%、「電子メール、メルマガ」が16.5%、「ネット(自社サイト)での受注・販売・予約」が12.3%、「ネット(自社サイト以外)での受発注・販売・予約」が9.3%となっている。また、宣伝面において活用しているITが「特にない。」とする者も43.9%おり、小規模事業者の宣伝面におけるIT活用率は、総じて低いものとなっています。

なお、「ネット(自社サイト)での受注・販売・予約」と「ネット(自社サイト以外)での受発注・販売・予約」の双方の重複回答を除くと、全体の17.1%の事業者がインターネットでの受注を導入しています。

事業情報を発信して信頼感を得ることができる

ホームページを持つことで、個人事業としての情報を発信することができます。

仕事は信頼で成り立っている部分も大きく、特に個人事業の場合は会社に比べて信頼感も薄いので、取引先やお客さまから、どんな人なのか調べられるケースも多いです。

 

店舗を持たないビジネスの場合は実態がつかめないので、なおさらです。

 

ホームページがあればプロフィールを掲載することができるので、過去の実績や受賞歴、活動報告などを記載して、信頼感を得ることができます。


逆にホームページを持っていないことで、マイナスイメージを持たれることがあります。

 

  • 怪しい

  • 実態がわからない

  • 信頼感がない

  • 成長意欲がない

  • 変化に対応できない

ホームページで情報を発信して、信頼感を得ることが必要です。

ホームページなら24時間365日営業してくれる

個人事業主であれば営業専門の人を雇っている人は少なく、自分自身で営業をしていることが多いと思います。

営業を行っている間は他の業務は全てストップして、サービスの良さを一生懸命相手に伝えるのですが、聞いてもらえなかったり、伝えきれなかったりと、何かと苦労は絶えません。

 

しかしホームページがあれば、自分の代わりにホームページが営業をしてくれます。

優秀な営業マンの役割もしてくれるホームページは、24時間365日休むことなく事業の営業をし続けてくれます。

 

  • 昼夜問わず

  • 違う業務に取り組んでいる時でも

  • 食事している時でも

  • 寝ている時でも

自分がどんな時でも営業をし続けてくれるのです。

 

しかも、ホームページなら整理された適切な情報を、相手に伝えることができます。

 

営業に押しかけられて仕方なく話を聞いている時と違い、自発的に相手自らが読んでくれているので、自社サービスについてしっかりと理解してもらえます。

 

自身の営業トークをコンテンツに落とし込んでおけば、今まで営業に使っていた貴重な時間を、有意義に使うことができます。

SNSやポータルサイト

無料ブログからの集客に頼るのは危険

集客をSNS、ポータルサイト、オンラインショッピングモール、無料ブログなどに頼っている事業主も多いと思います。

SNS例
Facebook/Twitter/LINE/Instagram/TikTok/など

 

Facebookページをホームページの代わりにしている方もいますが、FacebookやTwitterなどのSNSは時系列でコンテンツが表示されるため、古い記事が流れていってしまい、重要な記事が見つけにくい構造になっています。

 

Facebookは知り合いの繋がりも活用しやすいので集客しやすく感じますが、SNSは集客経路のひとつと考え、最終着点はホームページに流すのが望ましいです。


ポータルサイト例
エキテン/ホットペーパー(ビューティー・グルメ)/食べログ/ぐるなび/カーセンサー/など

 

オンラインショッピングモール例
Yahoo/楽天/Amazon/など

 

物販であればオンラインショッピングモールに、飲食店、美容室、ネイルサロン、エステサロン、接骨院、治療院などの店舗形態であればポータルサイトを利用しているケースが多いでしょう。

 

しかし、オンラインショッピングモールやポータルサイトに依存すると、クーポン合戦になったり良い掲載場所を確保するために費用が発生したりと、依存し続ける限り高い契約料が必要になってきます。


無料ブログ例
Amebaブログ/FC2ブログ/livedoorブログ/はてなブログ/gooブログ/note/Blogger/楽天ブログ/など

 

無料ブログは「カスタマイズが自由にできない」というデメリットがあります。

そして、事業を行っていく上では致命的な「商標利用の禁止」と定められている無料ブログが多いです。

プラットフォームに依存せず

集客することができる

SNSやポータルサイトでの集客に特化していると、そのサービスが終わった時にすべてを失うリスクがあります。

タロエバ、プラットフォームへの依存は非常に危険で、一番大きな問題は「いつそのサービスが終了するかわからない」ということです。サービスが終了してしまったら、今まで時間をかけて作成した投稿やコンテンツも全て消えてしまいます。

 

サービス内での評価を上げようと努力してきた成果が、水の泡となってしまうのです。

 

サービス終了とまでいかなくても、誰もやらなくなって廃れてしまうリスクもあります。(mixiがすごく流行った時代もありましたね。でも今は‥)

 

1つのプラットフォームに固執するのではなく、ホームページを起点として色々な集客経路をつくっていくのが望ましいでしょう。

 

独自ドメインのホームページであれば自分のものですので、万が一サーバーがダメになったとしても違うサーバーに載せ替えれば良いだけです。

 

継続的に長期間運営を続けていく予定であれば、ホームページを強化していくことが強みとなるでしょう。

 

検索エンジンを使った集客では、個人事業主だからといって大企業に勝てないということもなく、誰でも上位表示できるチャンスがあります。

 

SEOからの流入を確保することができれば、プロモーションに費用をかける必要もなく、無料で集客することができます。

売上をアップさせることができる

ホームページで集客することができれば、お問い合わせを増やしたり、申込件数を増やしたりすることができます。

ネット上であれば日時に縛られることなく24時間受注することができますし、商圏に関わらず日本全国からの集客も可能です。

 

リスティング広告を打つにしても、遷移先となるホームページは必要になります。

 

ポータルサイトなどの大手サイトに登録したり広告を出すのにも、着地するホームページが必要です。

 

いずれにせよ、ネットで売上を上げるには、起点となるホームページを持っていたほうが遥かに有利です。

積み上げていける資産を構築することができる

記事などのコンテンツを作成するのは大変ですが、一度作成してしまえば、それは資産となります。

アクセスを集められる記事が増えることで、更に次のアクセスを呼び込むこともできますし、サイト内での回遊率も上昇します。

制作費0円!
最安値の5,500円~

最短7営業日のスピード公開

クオリティの高いホームページ

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン

OSAKA OFFICE
〒574-0041 大阪府大東市浜町5-20-3F

KOBE 連絡OFFICE
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-10
神戸サンビル 1F

格安ホームページ作成・運営事業。それは小さな会社・事務所・中小企業・個人事業主にとって、強い味方となるホームページの作成・運営サポートを大東市在住のネットフェニックスが代行して行います。まずはお気軽にご相談下さい。

 

大阪府大東市を中心に大阪市内 大阪府北部//箕面池田茨木高槻・枚方・豊中・吹田・摂津・寝屋川・交野・守口・門真・四條畷 大阪府中部//大東・東大阪・八尾・藤井寺・柏原 大阪府南部//堺・高石 大阪府東部//松原・富田林・河内長野・羽曳野・大阪狭山

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府|大阪府|兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

NETFENIX_logo.png

ネットフェニックス合同会社 | 大阪の格安ホームページ制作