ホームWebお役立ち情報 > 労働生産性向上

中小企業の労働生産性向上には

ホームページの活用が必須である理由とは?

労働生産性とは社員1人あたりが生み出す付加価値を示す指標のことです。労働生産性が高いほど効率的な経済活動や働き方ができていると考えられています。現在、政府が推進している働き方改革でも、日本企業の労働生産性が先進国のなかで低迷していることが問題視されています。
 
そんな環境下で、自社の労働生産性を向上できれば競合他社を一気に追い抜き、売上を拡大できます。中小企業の労働生産性向上には何が必要なのか、そして、ホームページの活用が労働生産性を飛躍的にアップさせる理由を解説します。

企業ホームページの集客効果は売上をアップ!

企業ホームページを活用すれば、

売上の拡大と業務効率化が両立できます

労働生産性を向上する方法は大別して、以下の2種類に分類できます
 
付加価値の生産量(売上)を増加させる
業務量を削減する
 
ですが、この二つはトレードオフの関係にあり、通常は両立するのが困難です。
これはみなさんの普段の業務を思い出していただくと、簡単にご理解いただけると思います。
 
みなさんの会社では売上が大きい月ほど仕事量が増えて、忙しくなっていませんか?
 
つまり、売上拡大にともない自然と業務量が増加するので、労働生産性は全体でみるとそこまで上昇しないという傾向があるのです。
 
しかし、企業ホームページには売上を拡大しつつ、業務を効率化させる能力があります。
 
そのため、人的リソースが不足しがちな中小企業の労働生産性をアップさせるには、トップクラスに有効な手段なのです。

自社ホームページ

ソーシャルメディアサービスの活用の効果

企業ホームページにはYahoo!やGoogleなどの検索エンジンから新規顧客を集客し、売上をアップさせる効果があります。

 

中小企業庁の調査でも、自社ホームページ・SNSの活用効果についてのアンケートで、「営業力・販売力が強化された」「売上が拡大した」「顧客満足度の向上・新規顧客・新市場が開拓できた」と回答している企業が多いです。

ホームページは集客効果が長期間にわたり持続します

折り込みチラシやダイレクトメールは

発信から時間が経つほど集客力が低下する

折り込みチラシやダイレクトメール、テレビCMなどの広告媒体は、発信直後には強力な集客効果を発揮しますが、時間が経過するにつれて効果が急速に減衰します。

 

折り込みチラシやダイレクトメールは数日も経てばゴミ箱行きになりますし、朝見たテレビCMの内容など夜にはほとんどの人が忘れているのではないでしょうか?

 

これらの広告媒体で持続的に集客効果を発揮するには発信回数を増やすしかありません。

 

広告の発信回数増加は経費の増大につながり、会社の利益を目減りさせます。

ホームページ上のコンテンツは

公開から1年以上経っても集客に貢献

それに対して、ホームページ上に公開したコンテンツは1年経っても、2年経ってもYahoo!やGoogleなどの検索エンジンから集客し続けてくれます。

 

SEO対策(検索エンジン最適化)の基礎を押さえて、検索ユーザーの役に立つコンテンツをしっかりと整備すれば長期間にわたって検索上位(1ページ目、10位以内)を維持するのはそこまで難しいことではありません。

ホームページ上のコンテンツの集客効果は蓄積する

コンテンツの集客効果は持続するので、

サイト全体の集客力は増大していく

前項では企業ホームページの集客効果は長期間持続するというお話をしました。

 

すると、各ページの集客効果は継続するわけですから、コンテンツを強化してページ数を増加するほど、サイト全体の集客力が蓄積されて際限なく大きくなっていくことになります。

コンテンツマーケティングの好循環で

さらに加速度的に集客力が増していく

【ポイント1】
良質なコンテンツとページ数を増やすほど、多様な検索キーワードでヒットするようになりアクセス数が増加。

【ポイント2】
ホームページ内の情報量が増えると、一度の訪問で全てのコンテンツを読み切れなくなるのでブックマーク(お気に入り登録)される確率が高まります。つまり再びホームページに訪問してくれるリピーターが増加します。

【ポイント3】
特に近年では、ブックマーク代わりにリツイートしたりSNSのアカウントをフォローしたりすることも多いので、情報の拡散力もアップします。

 

【ポイント4】
情報が拡散されるほど、他のサイトやブログで紹介される機会が増え、検索順位上昇に効果的な自然な被リンクが増えまます。

 

【ポイント5】
良質なコンテンツや自然な被リンクの増加で、検索エンジンによるサイト全体の評価が高まり、既存ページの検索順位も上昇します。

【ポイント6】
既存ページの検索順位向上でアクセス数が増え、さらにSNSによる拡散や自然な被リンク獲得が加速されます。
 
 
このように企業・会社ホームページへのコンテンツ追加と、FacebookやTwitterなどのSNSをうまく連携させて運用していくことで、以上のような好循環が発生し、加速度的に集客力が強化されていきます。
 
これが現在のWebマーケティングの主流と言われている、コンテンツマーケティングの真骨頂です。
 
その他のコンテンツマーケティングのメリットには、以下の2点があります。

  • コンテンツマーケティングは集客力の強化に金銭的コストがかからない。

  • コンテンツマーケティングのコストパフォーマンスは、時間が経つほど上昇していく。

コンテンツマーケティングの集客効果には、

即効性がないが着実に伸びていく

はっきり言って、企業ホームページとコンテンツマーケティングの集客効果には即効性はありません。
 
「ホームページを開設したら、次の月から売上が3倍に増えた!」なんてことは、ほとんどないでしょう(リスティング広告等を利用すれば別ですが)。
 
特に、サイト全体のコンテンツ量・ページ数が少ない公開直後は、がんばってコンテンツを作りこんでもアクセス数の伸びがゆるやかなので、「本当にホームページから集客なんてできるんだろうか・・・?」と不安になることも多いと思います。
 
ですが、すでにご説明しているようにコンテンツには集客力の持続性と蓄積効果があります。
あきらめずにコンテンツ作成とページ追加を続けていけば、着実にアクセス数は伸びていきます。

サイト全体のページ数が増えるほど、

ページ追加時のアクセス数が増える

そして、コンテンツ数・ページ数の総量が増えるほど、新しくページを追加したときのアクセス数の伸びも大きくなります。

 

コンテンツ・ページを追加すると、検索エンジンによるサイト全体の評価が上がり、既存ページの検索順位も上昇します。

 

この既存ページの順位上昇の恩恵は合計10ページのサイトよりも、合計50ページのサイトのほうが大きくなります

 

前者では順位上昇が起こりうるページが最大でも10ページまでなのに対し、後者では50ページとより広範囲に発生するからです。

コンテンツマーケティングは継続するほど

少ない労力で大きな効果を得られる

さらに、公開直後から期間が経つほど、FacebookやTwitterなどのSNSのフォロワーも増加していきますから、新ページの追加をSNSで告知したときのアクセス数も当然ながらあとになるほどアップします。

 

つまり、コンテンツマーケティングをきちんと継続していけば、公開直後に新ページを追加したときよりも、2年後・3年後に新ページを追加したときのほうが断然多くのアクセス数を獲得できるのです。

 

これはページ追加のために投入した労力や時間はほとんど同じでも、長期間ホームページを運用するほどより大きな成果を得られることを意味します。

 

このように、コンテンツマーケティングのROI(Return On Investment、投資対効果)は継続するほど良好になっていきます。

 

コンテンツマーケティングの活用で、中小企業の労働生産性が長期的に向上していきます。

ネットの情報発信強化で競争優位性を獲得できる

ネットでの事前調査で購入する

商品・サービスを決定する顧客が増えています。

インターネット全盛の現在では、実際に来店したり商品・サービスを購入したりするまえに顧客がホームページをチェックすることも珍しくなくなりました。

 

このネットでの事前調査の段階をWebマーケティング用語でZMOT(Zero Moment of Truth、ズィーモット)と呼びます。

 

Googleの調査によれば、顧客がどの段階で得た情報源によって商品の購入を決定したかのアンケートでZMOTが84%でトップとなっています。

スマートフォンの普及で、

ネットでの情報発信の重要性が飛躍的に高まっている

特にスマートフォンが普及した現在は、パソコンの前だけでなく屋外でも瞬時にインターネットで情報収集ができますから、ZMOTの重要性が飛躍的に高まっています。
 
みなさんも、ランチを食べるときに「食べログ」などのレビューサイトをスマートフォンでチェックして、入る店を決めることも多いのではないでしょうか?
 
ホームページ上で積極的に情報発信することで、ZMOT段階での他社との競争を有利に進められます。

ネット上での競争優位性の獲得で、

中小企業の労働生産性は向上する

中小企業庁のデータによれば、「自社に競争優位性はない」と回答している企業ほど労働生産性が低くなる傾向にあります。

競争優位性がない中小企業は値下げに頼らざるをえず、生産される付加価値の総量が目減りするため、労働生産性が悪化すると考えられます。
 
自社の競争優位性を育てて、労働生産性を向上させるためにもホームページ上の情報発信が重要です。

中小企業のブランディングに活用できる

低価格路線を進めた結果

日本とアメリカの労働生産性にギャップが生まれた

働生産性を向上させるには低価格路線に頼るだけでなく、商品・サービスの付加価値を高めることが重要です。
 
コロンビア大学 ビジネススクールのヒュー・パトリック教授は日本の労働生産性がアメリカと比べて劣っている理由を以下のように説明しています。
 
日本企業は1990年代以降デフレに対応するため、低価格路線に舵を切って競争力を維持してきました。
 
それに対して、アメリカの企業は付加価値の向上によって売上を拡大してきたので、両国の労働生産性に大きな差が生まれることになった、とのことです。

参考ページ:公益財団 日本生産性本部 「労働生産性の国際比較」
 
労働生産性の向上には、会社自身や商品・サービスの付加価値を高める施策が不可欠です。

ブランディングに成功すれば

商品・サービスが価格競争に巻き込まれない

付加価値を高めるうえで、近年ますます重要になっているのがブランディングです。

 

ブランディングとは、自社が提供する商品・サービスに一定のイメージを付与して、価値を向上させる施策のことです。

 

ブランディングの成功例としては、アップルが挙げられます。

iPhoneをはじめとしたアップル製品の革新的なイメージと優れたデザインは世界中のファンを魅了しています。

 

「スマートフォン」ではなく「iPhone」が欲しい、という顧客が多数存在するので、アップルは値下げ競争に巻き込まれることなく高価格帯を維持しています。

ブランディングができない企業は単価が下がり、

労働生産性が悪化する

それに対して、ブランディングができていない企業は価格競争に否応なく巻き込まれます。

 

薄利多売を余儀なくされるので、社員への負担も大きくなり労働生産性が悪化します。

利益率が減少することで賃金上昇も困難になり業務負担の増加もあいまって、結果として離職率が上昇します。

 

詳しくは後述しますが、離職率の上昇は労働生産性をさらに著しく悪化させますから、ブランディングができていない会社は労働生産性低下の負のスパイラルに引きずり込まれてしまうのです。

企業ホームページを活用すれば、

中小企業でもブランディングができる

インターネットの普及以降はその状況が一変しました。

 

コストをかけずに潜在顧客・見込み顧客との接点を増やせるコンテンツマーケティングを活用すれば、中小企業でも自社のファンを増やし、商品・サービスのブランド価値を高めることが可能になったのです。

 

また、優れたデザインの企業ホームページを作成すると、商品・サービスのイメージを飛躍的に高められます。

 

中小企業が長期的に労働生産性を高めるには、ホームページを活用したブランド戦略が非常に有効です。

制作費0円!
最安値の5,500円~

最短7営業日のスピード公開

クオリティの高いホームページ

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン

OSAKA OFFICE
〒574-0041 大阪府大東市浜町5-20-3F

KOBE 連絡OFFICE
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-10
神戸サンビル 1F

格安ホームページ作成・運営事業。それは小さな会社・事務所・中小企業・個人事業主にとって、強い味方となるホームページの作成・運営サポートを大東市在住のネットフェニックスが代行して行います。まずはお気軽にご相談下さい。

 

大阪府大東市を中心に大阪市内 大阪府北部//箕面池田茨木高槻・枚方・豊中・吹田・摂津・寝屋川・交野・守口・門真・四條畷 大阪府中部//大東・東大阪・八尾・藤井寺・柏原 大阪府南部//堺・高石 大阪府東部//松原・富田林・河内長野・羽曳野・大阪狭山

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府|大阪府|兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

NETFENIX_logo.png

ネットフェニックス合同会社 | 大阪の格安ホームページ制作