pixta_44748645_L.jpg

MEO対策

Googleマップ集客。
事業の成果に貢献するMEO対策を行います。

MEOとは「Map Engine Optimization」の略で、別名をローカルSEOといいます。
そしてMEO対策とは、MEO対策とは自社の店舗をGoogleマップ検索やローカル検索にて上位表示させるための施策です。

MEO対策.png

たとえばGoogleで「梅田 美容室」と検索すると、ローカル検索結果として、このように検索エンジンで表示されます。これがローカルパックと呼ばれるものです。

ローカルパックの上位に表示されるほど、ユーザーからクリックされやすくなるので、自分の店舗を上位に表示させたいと感じるものです。しかし、Googleマップ検索の表示順位は、アルゴリズムによってある程度決定されるため、何も対策していない状態では上位表示は難しくなります。

 

そこでネットフェニックス合同会社が行うのが、MEO対策です。

店舗のWEB集客にMEO対策が重要な理由

ローカル検索するユーザーの増加

ローカル検索とは、「地名+業種」での検索のことを言います。
例えば、「東京 美容室」「表参道 カフェ」などです。

 

ある調査では、Google検索のうちの46%はローカル検索であるという結果が出ています。
【参照:SEARCH ENGINE】

 

ローカル検索をするユーザーが多いからこそ、検索結果の上位に表示させるための、MEO対策が大切になります。

スマホで検索するユーザー増加

スマートフォンの普及に伴い、多くのユーザーはスマートフォンを使って店舗の情報などを検索するようになりました。2021年の調査では、スマートフォンの普及率は92.8%になったという調査結果も出ているほどです。

2021年1月の調査によると、日本国内でスマートフォン、ケータイの所有者のうちスマートフォン比率が92.8%となりました。年々、日本国内におけるスマートフォン比率は増加しており、2010年には4%程度だったスマートフォンの所有比率ですが、2015年に5割を突破し、2019年に8割を超えました。そして2021年にはスマートフォンの比率は9割を超えました。
参考:モバイル社会研究所

 

スマートフォンの普及に伴い、多くのユーザーはスマートフォンを使って店舗の情報などを検索するようになりました。
2021年の調査では、スマートフォンの普及率は92.8%になったという調査結果も出ているほどです。

Googleマップの利用者が増加

下記のデータからもわかるように、Googleマップの利用者が多いこともMEO対策を強化すべき理由の一つです。

2020年5月における地図・旅行情報カテゴリーの利用者ランキングを見ると、PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルでの月間利用者数はGoogle Mapsが4,717万人で最も多く、次いでNAVITIME(1,189万人)、Apple Maps(1,099万人)となっていました。
参考:nielsen

 

このことからもわかるように、特にGoogleにおけるMEO対策に力を入れるのが店舗集客に効果的と言えます。

MEO PLAN

MEO集客プラン

  • キーワード分析

  • GMB作成代行

  • 内部施策

  • 外部施策

  • メールサポート相談

¥42,000

(税込/月額/最低3ヶ月利用期間)

IG+MEO PLAN

全丸投げ運⽤

  • IG PLAN内容

  • MEO PLAN内容

  • PORTCAKE PLAN内容

¥69,800

(税込/月額/最低3ヶ月利用期間)