ホームWebお役立ち情報 > キーワードについて

キーワードについて

SEOに着手する際にまずやらなければならない作業として、キーワード選定という作業があります。

どんなキーワードで検索された際に、自分のサイトを上位に表示するのかをあらかじめ決める必要があるわけです。

 

SEOの難易度は、この作業で選ぶキーワードによっても左右されます。その際の予備知識として、まず、キーワードの意義について解説します。

ホームページを公開して

検索上位表示に必要な時間とは?

キーワードの意義と重要性【重要】

本書冒頭から述べている通り、Googleは「巨大なQ&Aシステム」です。


検索ユーザーはそれぞれの疑問や問題(Q) をGoogleに投げかけ、良質な回答(A) を検索結果に求めています。


そのプロセスにおいて、ユーザーが「Q」を投げかける際に用いられるのがキーワードということになります。


つまり、キーワードというのは、検索者の疑問・問題(Q) が凝縮されたものなのです。

 

何度も申し上げている通り、SEOは、検索ユーザーの「Q」に対して、良質な回答(A) をコンテンツとして準備する行為ですが、「良質なコンテンツ」を作成するためには、まずキーワードから「ユーザーが何に困っているのか」「どんな疑問や問題を抱えているのか」を的確に受け取る必要があるというわけです。


つまり、キーワードというのは、SEOを行う側が検索ユーザーにアクセスする唯一の手がかりなのです。

まず上位表示すべきキーワードが見付けられなれば、こちらから検索ユーザーに対して何も働きかけられないため、キーワード選定という作業が重要な位置を占めてくるというわけです。


では、キーワードについてさらに深く理解を深めましょう。

キーワードの種類

キーワードには以下の3つの種類があります。


【ビッグキーワード】
【ミドルキーワード】
【スモールキーワード(ロングテールキーワード)】

 

例えば、それぞれ次のようなものが該当します。

 

【ビッグキーワード】= 「SEO」
【ミドルキーワード】= 「SEO やり方」
【スモールキーワード】= 「SEO やり方被リンク」「SEO やり方被リンク初心者」

 

このように、検索語句の数が1 語のワードを「ビッグキーワード」といい、2語のものを「ミドルキーワード」、3 語以上のものを「スモールキーワード(またはロングテールキーワード)」と呼びます。

 

(1 語でも検索需要が少なければミドルキーワード、2語でも検索需要が多いものはビッグキーワードと呼ばれることもあります。)

キーワードの種類ごとの難易度

そして当たり前ですがSEOの難易度は「ビッグキーワート」> 「ミドルキーワード」>「スモールキーワード」の順で高くなっています。


「SEO」1 語のみでの上位表示は非常に難しく、「SEO やり方」2語での上位表示はやや難易度が下がり、「SEO やり方被リンク」「SEO やり方被リンク初心者」はさらに難易度が下がります。


また、通常、検索ボリュームも同様に「ビッグキーワード」> 「ミドルキーワード」> 「スモールキーワード」の順で多くなっています。ですので、それに比例して上位表示できた時のアクセス流入数も多いため、できれば「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」での上位表示を目指したいわけです。

キーワードの内容・認知度ことの難易度

上記のほか、難易度はキーワードの内容によっても決まります。

上の例で使用した、「SEO」というワードは非常に難易度の高いキーワードです。なぜかというと、SEOのプロが組織的に総力を挙げて上位表示を競っているワードだからです。

 

そのワードの認知度に加え、ビジネスに直結する(つまりはお金になる)かどうかも難易度を決定する要素になっています。

 

例えば、ビジネスとは関係のない「織田信長」というワードは同じビッグキーワードでも「SEO」よりもだいぶ難易度は下がります。

 

そのような難易度はどのようにして知ることができるのかというと、キーワードの検索ボリュームとリサーチによってある程度知ることができます。

トレンドキーワードで競合に差をつける

以上の概念とはまた違ったキーワードの概念に、「トレンドキーワード」というものがあります。

Googleで検索されるキーワードは、毎日のように新しく前日までまったく検索されていなかったキーワードが、何かの拍子に検索され始めることがあります。

 

そのように、新しく生まれたワードや、それまでそれほど検索需要がなかったワードが何かのニュースやテレビで取り上げられるなどをきっかけに、検索ニーズが伸びるワードがあります。

 

そういったワードのことを「トレンドキーワード」「トレンドワード」などと呼びます。

 

これらのワードは、競合サイトがまった<ノーマークであったり、まったくそのワードに関するコンテンツがネット上に存在していない、ということもありえます。

 

そこにはじめて記事を書くことで、あっという間に上位表示が可能なことがあります。

制作費0円!
最安値の5,500円~

最短7営業日のスピード公開

クオリティの高いホームページ

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトInstagramのアイコン

OSAKA OFFICE
〒574-0041 大阪府大東市浜町5-20-3F

KOBE 連絡OFFICE
〒653-0836 兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-10
神戸サンビル 1F

格安ホームページ作成・運営事業。それは小さな会社・事務所・中小企業・個人事業主にとって、強い味方となるホームページの作成・運営サポートを大東市在住のネットフェニックスが代行して行います。まずはお気軽にご相談下さい。

 

大阪府大東市を中心に大阪市内 大阪府北部//箕面池田茨木高槻・枚方・豊中・吹田・摂津・寝屋川・交野・守口・門真・四條畷 大阪府中部//大東・東大阪・八尾・藤井寺・柏原 大阪府南部//堺・高石 大阪府東部//松原・富田林・河内長野・羽曳野・大阪狭山

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府|大阪府|兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

NETFENIX_logo.png

ネットフェニックス合同会社 | 大阪の格安ホームページ制作